不動産用語

キャッシュオンキャッシュリターンとは【意味と英語解説】

2024年5月10日

概要

不動産投資のパフォーマンスを評価するための指標です。

この指標は、投資から得られる現金収益を、投資に投入した現金の額に対する比率で示します。

特にレバレッジ(借入金)を使用する不動産投資において、投資家が実際にどれだけのキャッシュフローを得ているかを理解するのに役立ちます。

It is a metric used to evaluate the performance of real estate investments.

This metric indicates the ratio of cash returns obtained from the investment relative to the amount of cash invested.

It is particularly useful for real estate investments that use leverage (borrowed funds), as it helps investors understand how much actual cash flow they are generating.

特徴

投資家が不動産投資に投入した実際の現金に対して、その投資から得られる現金収益を評価するものです。この指標は、投資家が不動産投資からどの程度の現金リターンを得ているかを示し、他の投資機会と比較するために使用されます。

It is used to assess the cash returns from real estate investments relative to the actual cash invested by the investor. This metric shows the extent of cash returns that an investor is generating from a real estate investment, allowing for comparison with other investment opportunities.

計算方法

キャッシュオンキャッシュリターンは、次のように計算します。

キャッシュオンキャッシュリターン = (年間のキャッシュフロー ÷ 投資に投入した現金)× 100

年間のキャッシュフローには、賃貸収入からローンの支払い、維持費、税金、保険料などの運用コストを差し引いた金額が含まれます。投資に投入した現金には、頭金、購入時の手数料、初期改修費用などが含まれます。

Cash-on-cash return is calculated as follows:

Cash-on-cash return = (Annual cash flow ÷ Cash invested) × 100

Annual cash flow includes the amount left after deducting operating costs such as loan payments, maintenance expenses, taxes, and insurance from rental income. The cash invested includes the down payment, purchase fees, and initial renovation costs.

利点

キャッシュオンキャッシュリターンの主な利点は以下の通りです。

投資の現金収益を評価

この指標は、投資家が不動産投資からどれだけの現金収益を得ているかを示します。

This metric indicates how much cash revenue an investor is generating from real estate investments.

他の投資との比較

他の投資機会との比較に役立ち、リスクとリターンのバランスを考慮して投資判断を行うことができます。

It helps in comparing with other investment opportunities, allowing investors to make informed decisions while considering the balance between risk and return.

レバレッジの効果を考慮

キャッシュオンキャッシュリターンは、レバレッジを考慮したリターンを示すため、借入金を使用する不動産投資に適しています。

Cash-on-cash return reflects the return that takes leverage into account, making it suitable for real estate investments that use borrowed funds.

制約

キャッシュオンキャッシュリターンにはいくつかの制約があります。

以下にそれらを解説します。

キャピタルゲインを含まない

この指標は、資産価値の上昇によるキャピタルゲインを考慮していないため、長期的な投資効果を完全に評価できません。

This metric does not consider capital gains from asset value appreciation, which means it might not fully capture the long-term effects of an investment.

短期的な変動

不動産の運用コストや賃貸市場の変動などにより、キャッシュオンキャッシュリターンは短期的に変動する可能性があります。

Cash-on-cash return can fluctuate in the short term due to factors like real estate operating costs or changes in the rental market.

役割

キャッシュオンキャッシュリターンは、投資家が不動産投資の現金収益性を評価するための重要な指標です。

特に、レバレッジを使用して不動産を購入する場合、この指標を活用することで、投資の実際の現金収益を理解し、投資判断を行うことができます。

Cash-on-cash return is an important metric for investors to evaluate the cash profitability of real estate investments.

It is particularly useful when purchasing real estate using leverage, as it helps understand the actual cash returns from the investment and supports investment decision-making.


[Ads]

-不動産用語

Copyright© 英語と株式を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.

英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェントまとめ
詳細はこちら
英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェント
詳細はこちら