金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

投資

ドルコスト平均法とは【意味と英文解説】

2024年3月21日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

概要

ドルコスト平均法は、定期的に一定額の投資を行うことで、投資リスクを分散し、長期的な資産形成を促進する投資戦略です。

この方法では、一定の期間や頻度で定額の投資を行います。

たとえば、毎月定額で株式や投資信託に投資するなどです。

市場価格が高いときはその分少ない数量を購入し、価格が低いときはその分多い数量を購入するため、平均取得単価が市場の価格の変動に追随します。

Dollar Cost Averaging is an investment strategy that involves regularly investing a fixed amount of money to spread investment risk and promote long-term asset accumulation.

In this method, a fixed amount of investment is made at regular intervals or frequencies.

For example, investing a fixed amount every month in stocks or mutual funds.

When market prices are high, fewer units are purchased, and when prices are low, more units are purchased, leading to the average cost per unit following market price fluctuations.

特徴

リスク分散:

市場の価格変動によって投資リスクを分散するため、一度に大きな額を投資するよりもリスクを軽減できます。

心理的安定:

市場の変動に対する感情的な影響を軽減し、冷静な投資判断を促進します。

平均取得単価の安定:

定期的な投資によって、投資した金額の平均取得単価が安定し、市場の一時的な変動に左右されにくくなります。

Risk Diversification:

By spreading investment risk through market price fluctuations, Dollar Cost Averaging can mitigate risk more effectively than investing a large sum at once.

Psychological Stability:

It reduces emotional reactions to market fluctuations, promoting rational investment decisions.

Stability of Average Acquisition Price:

Regular investments stabilize the average acquisition price of the investment, making it less susceptible to temporary market fluctuations.

まとめ

ドルコスト平均法は、長期的な投資目標や資産形成のための積極的な戦略として広く採用されています。

-投資

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.