金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

経済

雇用統計とは【意味と英文解説】

2023年12月12日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

概要

雇用統計は、特定の地域や国の労働市場における雇用状況を分析するための統計データです。

労働力の規模や雇用率、失業率などの情報を提供します。

雇用統計は、政府機関や統計機関、民間の調査機関などによって収集され、定期的に公表されます。

Employment statistics are statistical data used to analyze the employment situation in specific regions or countries' labor markets.

They provide information on the size of the labor force, employment rates, unemployment rates, and other related data.

Employment statistics are collected by government agencies, statistical bureaus, private research firms, and other entities, and are regularly published.

詳細

雇用者数:

特定の地域や業種において、雇用されている人の数を示します。

フルタイム、パートタイム、臨時雇用などの区分が含まれる場合があります。

労働力参加率:

労働市場に参加している労働者の割合を示します。

労働者、雇用者、自営業者などが含まれます。

失業率:

労働市場において、仕事を探しているが見つからない労働者の割合を示します。

一般的に、失業率は労働力人口に対する失業者の割合として計算されます。

雇用形態:

正規雇用、非正規雇用、自営業、契約労働、派遣労働など、異なる雇用形態に関するデータが含まれる場合があります。

賃金と収入:

労働者の賃金、給与、平均収入などに関する情報が含まれる場合があります。

Employment count:

Indicates the number of people employed in a specific region or industry.

It may include classifications such as full-time, part-time, and temporary employment.

Labor force participation rate:

Indicates the proportion of the labor force participating in the labor market.

It includes workers, employers, self-employed individuals, etc.

Unemployment rate:

Indicates the proportion of unemployed individuals actively seeking employment in the labor market.

Typically calculated as the percentage of unemployed individuals relative to the labor force population.

Types of employment:

Data on different forms of employment such as regular employment, non-regular employment, self-employment, contract labor, temporary labor, etc.

Wages and income:

Information related to workers' wages, salaries, average income, etc. may be included.

まとめ

雇用統計は、経済活動や労働市場の動向を分析し、政策決定や投資判断の基礎として活用されます。

特に失業率は、経済の健全性や景気循環の状況を把握するための重要な指標の一つとして広く認識されています。

-経済

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.