不動産用語

財務レバレッジとは【意味と英語解説】

2024年5月13日

概要

企業や個人が借入や債務を活用して、資産の購入や事業の拡大を行う手法です。

レバレッジを利用することで、少ない自己資本でより大きな資産や投資機会を得ることができますが、同時にリスクも伴います。

It's a method where companies or individuals use loans or debt to purchase assets or expand their business operations.

By using leverage, you can acquire larger assets or investment opportunities with less equity, but this also involves a certain level of risk.

概念

財務レバレッジは、借入を活用して事業や投資のリターンを増加させる戦略です。

企業は、銀行からの融資や社債の発行などを通じて資金を調達し、その資金で資産を購入したり、事業を拡大したりします。

レバレッジは、企業の収益性を向上させる一方、借入のリスクを引き起こすことがあります。

Financial leverage is a strategy that involves using borrowed funds to increase returns from business operations or investments.

Companies obtain capital through bank loans or by issuing corporate bonds, using these funds to purchase assets or expand their businesses.

Leverage can boost a company's profitability, but it also introduces risks associated with borrowing.

メリット

収益性の向上:レバレッジを利用して資産を増やすことで、自己資本の投資リターンを増加させることができます。成功すれば、企業はより多くの収益を得ることができます。

資金調達の柔軟性:レバレッジを利用することで、企業は自己資本を削減しつつも、より大きなプロジェクトや投資を実行できます。

税務上の利点:多くの国では、借入利子が税控除対象となるため、借入による費用を税負担から軽減できます。

Enhanced Profitability: By leveraging to increase assets, you can boost the return on equity investment. If successful, companies can generate more profit.

Flexible Financing: With leverage, companies can undertake larger projects or investments while reducing the need for equity capital.

Tax Benefits: In many countries, interest on loans is tax-deductible, which can reduce the tax burden from the cost of borrowing.

デメリット

リスクの増加:レバレッジを使うと、借入金に伴う金利負担が発生します。収益が予想より低かった場合、借入金の返済が難しくなる可能性があります。

財務的な不安定性:過剰なレバレッジは、企業の財務的な安定性を脅かし、景気の悪化時に破綻リスクを高めることがあります。

信用リスク:借入金の返済が困難になると、企業の信用格付けが低下し、さらに借入コストが上昇する可能性があります。

Increased Risk: Utilizing leverage incurs interest expenses on borrowed funds. If returns are lower than expected, repaying the borrowed funds might become challenging.

Financial Instability: Excessive leverage threatens a company's financial stability, increasing the risk of bankruptcy during economic downturns.

Credit Risk: Difficulty in repaying borrowed funds can lead to a downgrade in the company's credit rating, potentially resulting in higher borrowing costs.

指標

負債比率:これは、企業の負債総額を自己資本総額で割ったもので、レバレッジの程度を示します。数値が高いほど、レバレッジが高いことを意味します。

資本構成比率:自己資本を総資産で割ったもので、自己資本の割合を示します。数値が高いほど、自己資本の割合が高いことを意味します。

利息負担比率:営業利益を利息費用で割ったもので、企業が利息を支払う能力を示します。数値が高いほど、利息負担に対する余裕があることを意味します。

Debt-to-Equity Ratio: This ratio is calculated by dividing a company's total debt by its total equity, indicating the level of leverage. A higher value suggests a greater degree of leverage.

Equity Ratio: This ratio is calculated by dividing total equity by total assets, showing the proportion of assets financed by equity. A higher value means a greater proportion of equity.

Interest Coverage Ratio: This is the ratio of operating income to interest expense, indicating a company's ability to cover its interest payments. A higher value suggests more capacity to manage interest payments.

まとめ

財務レバレッジは、企業が事業を拡大し、収益性を向上させるための有力な手段ですが、リスクも伴います。

企業はレバレッジのメリットとデメリットを慎重に考慮し、適切な財務戦略を選択することが重要です。

また過剰なレバレッジは、財務的な不安定性や信用リスクを引き起こす可能性があるため、こちらも注意が必要です。

レバレッジの指標を利用して、企業の健全性を評価することが有効になります。


[Ads]

-不動産用語

Copyright© 英語と株式を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.

英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェントまとめ
詳細はこちら
英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェント
詳細はこちら