金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

経済

金融引き締めとは【意味と英文解説】

2024年3月20日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

[Ads]

概要

中央銀行が経済の過熱やインフレーションの抑制などを目的として、金融政策を通じてマネーサプライの減少や金利の引き上げなどの措置を取ることを指します。

通常、景気の過熱や物価の上昇などの経済上の課題に対処するために実施されます。

Monetary tightening refers to measures taken by central banks through monetary policy, such as reducing the money supply and raising interest rates, with the aim of curbing economic overheating and inflation.

Typically, it is implemented to address economic challenges such as overheating of the economy and rising prices.

特徴

以下に金融引き締め詳細を説明していきます。

金利政策の引き上げ:

中央銀行は、金融機関が資金を調達する際の金利を引き上げることで、貸出の抑制や借入の抑制を図ります。

これにより、企業や個人が高金利で資金を借りることが難しくなり、投資や消費の抑制が期待されます。

Interest Rate Policy Tightening:

Central banks aim to restrain lending and borrowing by raising the interest rates at which financial institutions procure funds.

This makes it more difficult for businesses and individuals to borrow funds at higher interest rates, leading to expectations of reduced investment and consumption.

量的緊縮:

中央銀行が国債やその他の金融資産を市場から売却することで、市場に流通するお金の量を減らし、金融機関の資金調達コストを引き上げます。

これにより、長期金利が上昇し、投資や借入が抑制されます。

Quantitative tightening:

Central banks reduce the money supply in the market by selling government bonds and other financial assets, thereby increasing the funding costs for financial institutions.

As a result, long-term interest rates rise, leading to a suppression of investment and borrowing.

通貨スワップの削減:

中央銀行同士の通貨スワップ協定を削減することで、市場における流動性を減少させ、外国為替市場の安定や金融システムの信頼性を向上させます。

これにより、円安や円高の過度な動きが抑制されることがあります。

Reduction of currency swaps:

Reducing currency swap agreements between central banks decreases liquidity in the market, thereby enhancing stability in the foreign exchange market and improving the reliability of the financial system.

As a result, excessive fluctuations in exchange rates, such as yen depreciation or yen appreciation, may be restrained.

[Ads]

-経済

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.