金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

財務

営業キャッシュフローとは【意味と英文解説】

2024年2月26日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

概要

営業キャッシュフローは、企業の通常の営業活動によって生成された現金の流れを示す財務指標です。

企業の営業キャッシュフローは、商品やサービスの販売、顧客からの支払い、仕入れの支払いなど、企業が日々の事業運営で実際に現金を得るか支払うかを示します。

Operating cash flow is a financial indicator that shows the flow of cash generated by a company's normal operating activities.

The operating cash flow of a company reflects whether the company actually receives or pays cash in its day-to-day business operations, such as sales of goods or services, payments from customers, and payments for purchases.

種類

営業キャッシュフローは、以下の5つの要素から分けられます。

それぞれの概要を説明します。

売上高(Revenue)

企業が商品やサービスの販売から得た収入です。

"Revenue" is the income a company generates from the sale of goods or services.

仕入れや生産コスト(Cost of Goods Sold)

企業が商品を製造し、サービスを提供するために必要なコストです。

原材料の購入や製造コスト、労働コストなどが含まれます。

"Cost of goods sold" or "Production costs" refer to the expenses incurred by a company in manufacturing products or providing services. This includes costs such as purchasing raw materials, production costs, and labor costs.

経費(Operating Expenses)

営業活動にかかる一般的な経費や費用です。

営業販売費、広告費、給与、光熱費などが含まれます。

"Expenses" refer to the general costs and expenditures incurred in the course of business operations. This includes expenses such as sales and marketing expenses, advertising expenses, salaries, utilities, etc.

利息(Interest)

企業が支払うローンや債券の利息費用です。

"Interest" refers to the expenses incurred by a company for paying the interest on loans or bonds.

税金(Taxes)

企業が納める法定税金です。

算出法

営業キャッシュフローは、次のような式で計算されます:

売上高−仕入れ・生産コスト−経費−利息−税金

=営業キャッシュフロー

利益に調整を加えて計算することもあります。

調整には、償却費や棚卸資産の変動、未収入金などが含まれます。

まとめ

営業キャッシュフローは、企業の実際の現金の動きを示す重要な指標であり、企業が営業活動からどれだけ現金を生成しているかを示します。

そのため投資家や財務アナリストは、営業キャッシュフローを通じて企業の健全性や持続可能性を評価し、将来の業績を予測します。

「その企業が正業で稼いでいるかどうか」を判断する時に、3つのキャッシュフローの中では、この営業キャッシュフローがに最も注目すべき数値になります。

-財務

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.