金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

投資

PER(株価収益率)とは【意味と英文解説】

2024年2月21日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

[Ads]

概要

株式市場で企業の株式を評価するための一つの指標です。

「株価収益率」(Price-to-Earnings Ratio)の略称として使われます。

企業の株式の現在の価格を、その企業が1株当たりどれだけの利益を生み出すかを示す利益(Earnings)で割った数値です。

PER(Price-to-Earnings Ratio)is one of the indicators used to evaluate a company's stock in the stock market.

It is the ratio of the current price of a company's stock to its earnings per share, indicating how much profit the company generates per share.

PERの算出法と数値の意味

以下の式で表されます。

株価÷1株あたりの利益=PER(株価収益率)

この比率が高いほど、投資家は1株当たりの利益に対してより高い価格を支払っていることになります。

一般的にPERが高い企業は市場の期待を反映しており、成長性が高いと見なされることがありますが、逆にPERが低い企業は市場からの期待が低いと見なされることがあります。

Companies with generally high Price-to-Earnings ratios (PER) are often seen as reflecting market expectations and may be considered to have high growth potential. Conversely, companies with low PERs may be perceived as having low expectations from the market.

まとめ

PERだけで企業の価値を判断するのは十分ではありません。

またPERは過去の利益に基づいているため、将来の収益性や成長性を反映しているとは限りません。

他のファンダメンタル分析指標や産業の状況など、さまざまな要因を考慮することが重要です。

[Ads]

-投資

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.