金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

経済

サブプライムローンとは【意味と英文解説】

2023年12月14日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

概要

サブプライムローンは、信用度の低い個人や企業に高金利で融資を行う貸付のことを指します。

これらの借り手は、通常の条件では融資を受けられないか、金利が高いために他の金融機関から融資を受けることが困難な場合があります。

Subprime lending refer to loans extended to individuals or businesses with low creditworthiness at high interest rates.

These borrowers may typically not qualify for loans under normal conditions or may find it difficult to obtain financing from other financial institutions due to high interest rates.

詳細

高金利:

通常の融資よりも金利が高く設定されます。

これは、借り手の信用リスクが高いためです。

柔軟性の低さ:

返済期間が短く、毎月の返済額が大きいことがあります。

また、遅延ペナルティや返済スケジュールの変更が制限される場合があります。

担保の要求:

サブプライムローンは、通常は担保が付けられます。

これは、借り手の信用リスクを補うために行われます。

信用評価の低さ:

サブプライムローンは、従来の融資よりも低い信用評価の借り手に対して提供されます。

これにより、借り手は返済能力が低い可能性があります。

High interest rates:

Typically, higher interest rates are set compared to conventional loans. This is due to the higher credit risk associated with the borrower.

Low flexibility:

Repayment periods may be shorter, and monthly repayment amounts may be larger. Additionally, there may be restrictions on late payment penalties or changes to the repayment schedule.

Collateral requirements:

Subprime lending usually require collateral to be provided, which is done to offset the borrower's credit risk.

Low credit ratings:

Subprime lending are offered to borrowers with lower credit ratings compared to conventional lending, which may indicate lower repayment capabilities for the borrower.

まとめ

サブプライムローンの提供は、信用の低い個人や企業にも融資機会を提供する一方で、高いリスクを抱える金融商品でもあります。

2008年の金融危機では、サブプライムローンの債務不履行が金融システムに深刻な影響を及ぼし、世界的な金融危機の引き金となりました。

-経済

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.