財務用語

WACC(加重平均資本コスト)とは【意味と英語解説】

2024年5月14日

概要

企業が資金調達において利用するさまざまな資本源(株式、債券、借入など)のコストを加重平均したものです。

WACCは、企業が投資プロジェクトの評価や資本予算の決定において、プロジェクトが企業の資本コストを超えるリターンを提供するかどうかを判断する際に使用されます。

The Weighted Average Cost of Capital (WACC) is the average rate of return a company is expected to pay to its investors for using various sources of capital (such as equity, bonds, and loans). WACC is used to evaluate investment projects and make capital budgeting decisions, helping determine whether a project is expected to yield returns exceeding the company's cost of capital.

構成要素

WACCを計算するためには、以下の主要な構成要素を理解する必要があります。

株式コスト:株式資本のコストは、株主が企業への投資から期待するリターンです。一般的に、CAPM(資本資産評価モデル)や配当割引モデルなどを使って計算します。

債務コスト:債務資本のコストは、企業が借入や債券発行によって支払う金利です。企業の信用リスクや市場の金利環境によって変動します。債務コストは、税務上の利点を考慮して、税引き後のコストとして計算されます。

資本構成:企業の資本構成は、株式と債務の比率です。WACCの計算では、資本構成に基づいて、それぞれの資本コストを加重平均します。

Cost of Equity: The cost of equity represents the return that shareholders expect from their investment in the company. It is often calculated using models like the Capital Asset Pricing Model (CAPM) or the Dividend Discount Model.

Cost of Debt: The cost of debt refers to the interest a company pays on loans or issued bonds. It varies depending on the company's credit risk and prevailing market interest rates. Cost of debt is calculated as the after-tax cost, considering the tax benefits associated with interest payments.

Capital Structure: This is the ratio of equity to debt in the company's overall capital structure. The WACC calculation uses this ratio to determine the weight of each cost component in the average.

重要性

WACCは、企業が新しい投資プロジェクトの評価や企業価値の分析に使用する重要な指標です。

以下に、WACCの重要性を示します。

プロジェクトの評価:プロジェクトの期待リターンを評価する際の割引率として使用されます。プロジェクトのリターンがWACCを上回る場合、そのプロジェクトは企業の価値を向上させると見なされます。

企業価値の評価:企業価値の評価においても使用されます。キャッシュフローの割引率として使うことで、企業の将来価値を計算できます。

資本構成の最適化:企業が最適な資本構成を決定する際の指標としても役立ちます。資本構成を最適化することで、企業は資本コストを最小限に抑え、企業価値を最大化できます。

Project Evaluation: WACC serves as the discount rate for evaluating the expected return on a project. If the project's return exceeds WACC, it is generally considered to add value to the company.

Corporate Valuation: WACC is also used in corporate valuation. It is the discount rate applied to cash flows to calculate a company's future value.

Optimization of Capital Structure: WACC helps companies determine the optimal capital structure. By optimizing the capital structure, a company can minimize its cost of capital and maximize corporate value.

まとめ

加重平均資本コスト(WACC)は、企業が資本調達コストを理解し、新しい投資プロジェクトの評価や企業価値の分析を行うために重要な指標です。

企業は株式と債務のコストを適切に評価し、資本構成を最適化することで、WACCを最小限に抑え、企業価値を最大化することが可能になります。


[Ads]

-財務用語

Copyright© 英語と株式を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.

英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェントまとめ
詳細はこちら
英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェント
詳細はこちら