金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

会計

減価償却費とは【意味と英語解説】

2024年4月1日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

概要

減価償却費は、資産の価値が時間の経過とともに減少することを考慮して、その減少分を毎年の費用として会計上計上するための概念です。

具体的には、企業が有形固定資産(建物、機械、車両など)や無形固定資産(特許、商標、ソフトウェアなど)を取得した場合、その資産が使用される期間にわたってその価値が減少していくことを想定し、その減少分を毎年一定額として費用化します。

減価償却費は会計上の費用であり、利益計算において控除されます。

これにより、資産の取得時に一括して費用化するのではなく、その資産が長期間にわたって利用される期間にわたって費用化されるため、企業の正確な利益計算と財務状況の把握が可能となります。

Depreciation expense is the concept of recognizing the decrease in the value of an asset over time by allocating this decrease as an expense on an annual basis for accounting purposes.

Specifically, when a company acquires tangible fixed assets (such as buildings, machinery, vehicles) or intangible fixed assets (such as patents, trademarks, software), it assumes that the value of these assets will decline over their useful life. Accordingly, it expenses a portion of this decrease as a constant amount each year.

Depreciation expense is an accounting expense and is deducted in profit calculations.

This allows for a more accurate assessment of a company's profitability and financial position by spreading the expense of acquiring an asset over its useful life, rather than expensing it all at once at the time of acquisition.

計算方法

直線法

資産の取得価額から残存価額を差し引いた額を、使用期間に均等に配分して費用化します。式で表すと、(取得価格 - 残存価格)÷ 使用期間 です。

The amount obtained by subtracting the residual value from the acquisition cost of the asset is evenly allocated over its useful life as an expense.

This can be expressed in the formula: (Acquisition cost - Residual value) ÷ Useful life.

加速償却法

使用初期に大きな減価償却費を計上し、後の期間にはその額を減少させる方法です。代表的な加速償却法には二重定率法や定率法があります。

This refers to a method where a significant depreciation expense is recorded in the early periods of asset use, and this amount decreases in later periods.

Representative methods of accelerated depreciation include double declining balance method and fixed percentage method.

幾何級数法

使用初期に大きな減価償却費を計上し、後の期間にその額を減少させる方法で、一般的には投資の返済パターンに基づいて使用されます。

his describes a method where a substantial depreciation expense is recorded in the initial stages of asset usage, and this amount gradually decreases in subsequent periods.

Typically, this approach is based on the repayment pattern of investments.

まとめ

企業は、減価償却費を計算する際に法定規定や会計基準に従う必要があります。また、減価償却費の計算方法や使用期間は、資産の種類や法的規制によって異なる場合があります。

-会計

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.