金融と経済と英語の学習備忘録

金融・経済の知識と英語を学ぶブログ

会計

現金等価物とは【意味と英語解説】

2024年4月2日

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります

概要

企業や個人が保有している資産の中で、短期間で容易に現金に換金できるものを指します。

つまり、現金と同等の価値を持つ資産を指す言葉です。現金等価物は、資金の流動性を表す指標として重要な役割を果たします。

The term "cash equivalents" refers to assets held by companies or individuals that can be easily converted into cash within a short period.

In other words, it refers to assets that hold the same value as cash. Cash equivalents play an important role as indicators of liquidity, representing the ability to access funds quickly.

内容

現金等価物の例には以下のようなものがあります。

それぞれを説明していきます。

銀行預金

当座預金や普通預金など、銀行に預けられた現金になります。

Cash equivalents include assets such as current accounts and savings accounts, which are deposited with banks.

短期証券

短期の有価証券で、満期が比較的短く、容易に売買できるものになります。

国債、商業手形、金融機関のCD(定期預金)などがあります。

Short-term marketable securities with relatively short maturities that can be easily bought and sold include government bonds, commercial paper, and certificates of deposit (CDs) offered by financial institutions.

現金同等物

企業が短期の資金需要に対応するために発行する、容易に流動化できる短期証券です。

商業手形や売掛金がこれに該当します。

These are short-term securities issued by companies to meet short-term funding needs and can be easily liquidated. Examples include commercial paper and accounts receivable.

市場性の高い投資商品

株式や債券など、市場で容易に売買できる金融商品になります。

These are financial instruments such as stocks and bonds that can be easily traded on the market.

まとめ

現金等価物は、資金繰りの必要や予期せぬ支出に対応するために用いられます。

また企業の財務分析や信用評価などの際にも、重要な指標として考慮されます。

-会計

Copyright© 金融・経済の知識と英語を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.