経済用語

S&P500とは【意味と英文解説】

2024年4月11日

特徴

S&P 500は「スタンダード・アンド・プアーズ」によって編纂・管理されている、アメリカの株価指数のひとつです。

この指数は米国の主要な上場企業500社の株価の総合的な動向を表しており、アメリカの株式市場全体の動向を示す重要な指標の一つになっています。

The S&P 500 is one of the stock market indices compiled and managed by Standard & Poor's (S&P), representing the overall movement of stock prices of 500 major publicly traded companies in the United States.

It serves as a crucial indicator of the broader U.S. stock market performance.

特徴

S&P 500は時価総額加重型の指数であり、その構成銘柄の重みは各企業の時価総額に基づいています。

時価総額加重型の指数では、時価総額が大きい企業ほど指数全体の動向に大きな影響を与える傾向があります。

そのためS&P 500の動向は、経済や市場全体の状況を反映しています。

構成銘柄には、様々な業種(情報技術、金融、医療、消費財など)と幅広い分野の企業がイン。

これにより米国経済全体の代表的な指標としてだけでなく、様々なセクターの動向を把握するためのツールとしても利用されています。

投資家が米国株式市場全体のパフォーマンスを追跡し、市場リスクを評価するための重要な手段の一つとして広く利用されていくでしょう。

The S&P 500 is a market capitalization-weighted index, where the weight of each constituent is based on the market capitalization of each company.

In market capitalization-weighted indices, companies with larger market capitalizations tend to have a greater impact on the overall movement of the index.

As a result, the performance of the S&P 500 reflects the state of the economy and the overall market conditions. Its constituents span various sectors such as information technology, finance, healthcare, consumer goods, among others.

Therefore, the S&P 500 serves not only as a representative indicator of the U.S. economy but also as a tool to gauge the performance of various sectors.

It is widely utilized by investors to track the performance of the entire U.S. stock market and evaluate market risks, making it a crucial benchmark.


[Ads]

-経済用語

Copyright© 英語と株式を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.

英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェントまとめ
詳細はこちら
英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェント
詳細はこちら