不動産用語

抵当権とは【意味と英語解説】

2024年4月17日

概要

不動産を担保として貸し付けられた金銭の債権を確保するための権利です。

A mortgage right is a legal right established to secure the repayment of money lent against real estate.

特徴

抵当権の設定

不動産を担保としてローンや借入金を受ける際に設定されます。

貸し手である銀行や金融機関は、借り手が貸し付けた資金を返済しない場合に備えて、不動産に対する権利を確保します。

Mortgage rights are established when real estate is used as collateral for loans or borrowings.

The lender, typically a bank or financial institution, secures a right over the property to safeguard against the borrower's failure to repay the borrowed funds.

抵当権者

貸し手であり、通常は不動産ローンを提供する銀行や金融機関です。

借り手がローンの返済を完了すると、抵当権は解除され、不動産の所有権は借り手に移ります。

The mortgagee is the lender, usually a bank or financial institution, providing a real estate loan.

Once the borrower completes the repayment of the loan, the mortgage right is released, and ownership of the real estate transfers to the borrower.

担保物件

不動産を担保として設定されます。

不動産は、土地や建物などの不動産資産を指し、抵当権者が債権を回収するために差し押さえる権利を持ちます。

Mortgage rights are set against real estate property used as collateral.

Real estate refers to immovable properties such as land or buildings, and the mortgagee holds the right to foreclose the property to recover the debt.

抵当権の登記

不動産の権利を示す権利証書や登記簿に登録されます。

これにより、不動産の所有者以外の人が不動産を購入または売却する際に、抵当権の存在を知ることができます。

Mortgage rights are recorded in property deeds or registries, indicating the encumbrance on the real estate.

This allows parties other than the property owner to be aware of the existence of mortgage rights when buying or selling real estate.

抵当権の解除

借り手がローンの返済を完了すると、抵当権は解除されます。

これにより、不動産の所有権が借り手に移り、不動産の自由な売買や処分が可能となります。

Upon the borrower's completion of loan repayment, mortgage rights are released.

This grants ownership of the real estate to the borrower, enabling free transfer or disposal of the property.

まとめ

抵当権は、不動産取引における重要な要素であり、貸し手と借り手の両方にとって法的保護を提供します。借り手がローンの返済を行う限り、抵当権は借り手の財産権を制限しますが、ローンの完済後に権利が解除されます。


[Ads]

-不動産用語

Copyright© 英語と株式を学ぶブログ , 2024 All Rights Reserved.

英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェントまとめ
詳細はこちら
英語学習・スクール・株式アプリ・転職エージェント
詳細はこちら